うさぎとりんご(の実)

0


トイレ中だろうが、食事中だろうが、この香りに気が付けば、扉の前で立って待っている食いしん坊うさぎ。
切ると、部屋中にりんごの香りが広がります。

スポンサーリンク

今日もりんご

とふぃは、皮を食していましたが、その後に実も食べたのですよ。
今日は、その時の模様を…と、その前に…

収穫したばかりのものを頂いたのですが、そのりんごの紹介です。

ぷりん
ぷりん

『津軽』(青森県生まれの早生りんご)
ここら(長野県)では、8月中旬〜9月下旬に収穫されるそうです。
甘さ・香り・食感が強く、酸味の弱いりんごです。

「直ぐにボケちゃうので、早めに食べてね」と言うことでした。

もぐもぐタイム

りんごの皮は、跳び付いて食べるのに、実の方は少し時間がかかりましたね。
同じ香りがするのに、うさぎ特有の食べず嫌いで、嫌々してました。
美味しいと分かると、(同じだって言ってんのに~!!)

齧ってテーブル下へ移動してからのもぐもぐタイムです。
(写真までボケてますが、どうぞお許しを)

絶対お皿の上では食べないので、ポタポタとりんごジュースが零れ落ちます。

ジュースはいらないよ

とふぃとふーすけは、他のうさぎたちと違って、自作のりんごジュースを舐めません。
お皿も洗わなくても良いくらいに舐めていたうさぎたちとは違って、この2うさは、お皿は勿論、床も舐めません。

こんな顔して、うっまーとか言ってますが、下は全く無視で、次のりんごを貰いに来ます。
そして、またテーブル下へ移動してもぐもぐ…。
ジュースは踏まないで寸前で止まり、また同じ場所でポタポタと…。
「ここだよ。」と指でジュースを指して教えても、りんごを持っていると思っているうさぎは、手しか追いません。
結局舐めることなく、おやつの時間は終了しました。(ふーすけ分のりんごは食べ終えたってこと。)

あれだけ嫌々したりんごの実、相当お気に召されたようで、おかわりの要求をしていました。
こんな顔でされてもねぇ…
母に脅しは効かないよ(笑)