うさぎをお迎えしようと考えてる?


背中に愛(i)を背負ううさぎ、ふーすけ。
皆様に愛を届けるためにこの世に生を受けたかも知れないうさぎ。
少なくとも、同居人は愛を貰っていますがね^^

スポンサーリンク

うさぎをお迎えしようと思う方へ

見かけはふっわふわで可愛いうさぎ。でも実際中身を知ると…

うさぎって、楽じゃないのですよ。可愛いだけじゃないのですよ。
小さな悪魔とでも言いましょうか…
『これからうさぎをお迎えしよう』とお考えの方に、知っておいて頂きたいと思います。

但し、我が家の♂5うさぎから言えること、しかも良いことは書きません。敢えて悪いことのみです。
良いことだけ書いちゃうと、「可愛い~♪」「うさぎて、楽なんだ!」等、簡単に飼えてしまう誤解を生むといけませんからね。
お迎えする以上、小さな命を最後まで見届ける覚悟を持ってお迎えして欲しいですから。

我が家のアホうさぎ

このアホうさぎのおかげで、毎日の床掃除。おかげで床はピカピカ。
この時点で、うさぎの恩恵を受けているじゃないとお思いでしょうけど、いやいや、これがまた…

病気時にトイレをすっかりを忘れてしまったたるち。
ケージ全体がトイレです(泣)
部屋んぽ中、キッチンに立つ私の足元でお座りをしていたかと思うと、そっとお尻が乗りました。
お尻の温かさに更に温かさが加わわり、「あーっ!!」と言った時には、時既に遅し。
足の上にお尻を乗せてチッコをするという荒技。(♂うさぎのチッコは後ろに飛びます。)

噛み付きうさぎ

かまってちゃんを放置したり、ちょっと気に入らないことをされると、『ガブッ!』と噛み付くうさぎ、その名もとふぃ。

これがまた甘噛みとかじゃなくて本気噛みだから笑えない。
確かにこちらに落ち度があるから、声を出せないうさぎが精一杯訴えているんだけど、痛いのなんのって。
私はまだ縫うほどの傷を負ったことはないけど、病院に送りになった飼い主様もいらっしゃいますね。

負傷してもうさぎを怒鳴ったり体罰なんてもってのほか。ダメなことはダメと諭すように。
笑ってやり過ごせるだけの気持ちがあれば大丈夫でしょう。主さまったら、太っ腹~!くらいかな(笑)

いつまでもたっても警戒心が解けないうさぎ

ケージに手を入れると「ぶーっ!」と言って、逃げまくるうさぎ、ふーすけ。
今日の写真はお腹の上に乗せてますが、床が苦手なだけで、仕方なし?いるのです。
まだ1年と4ヶ月しか経ってないので、慣れろというのも無理なんですけどね。

直ぐ懐くうさぎ、時間(月・年単位)がかかるうさぎ、生涯懐かないうさぎ等、色々います。
全部のうさぎが、撫でられるのも抱っこも大好きとは限りません。
個体差があるから、お迎えしたうさぎがどういう仔かは…成長してからのお楽しみ。
小さい時はこうだったけど、成長と共に変わることもありますからねぇ。ね、とふぃさん!!

と、こんな感じのスィーツブラザーズ。
まだまだ若い3うさぎですから、今後の変化も楽しみです。

これからうさぎをお迎えしようと考えている方、デメリットを良く知った上でお迎えくださいね。

(注:本日、写真と記事は関係ありません!)