うさぎとベッド

0

じーさまうさぎが居た頃、じーさまになっても放牧状態だったので、どこでもごろんちょしていました。
大抵はテーブル下だったんですが、少しでも心地良くごろんちょ出来る様にと、ペットベッドを用意しました。
しかし、その中でごろんちょするなんて稀なことで、殆ど顎乗せに使用していました。

全く入らないことは無いのですが、寝るときはベッドの外で、ベッドにもたれたり顎を乗せたり。
この体勢が楽だったんでしょうね。

スポンサーリンク

はい、入りましたー!

最近では炬燵やソファのため、場所も限られてしまうので、ベッドは置いてありません。
数年前の写真を引っ張り出してきました。

部屋んぽ中、テーブル下を気にしながらもちょっと迷ってる?警戒中?
知らない物じゃないし、ささ、ドーンとダイブしてみよう!

なかなか来ないので、彼女を入れておきました。
すると、そそくさとやってきて、ちょっと鼻先で押し上げ、スポッと…。
ぴったりフィットが好きなのもうさぎの特性でしょうかね。

あげるよ~!!

この時撮影のために入ってくれたのかと思うくらいに、その後は全く見向きもしませんでした。
気持ち良く寝てるのかと思ったら、そうでもなかったみたいですね。

このベッドは洗濯してしまってあったのですが、のえるをお迎えして再度引っ張り出してきました。
洗い替え用として、夏用だったけれど他になかったから…。
しか~し…
噛みたい仔犬のせいで、瞬殺でした…
仕方がないですね。まだまだ噛みたい盛りですから。
このベッドの中身は、ビーズが入っているので穴が開いた時点で終了です。
何でも噛むうさぎたちが、良く齧らなかったね。そっちの方が驚きだわ。
ビーズがうさぎと犬のお腹に入らなくて良かった…。
素材選びもとても大切です。

因みに、一枚目のぷーすけの顎乗せベッドも、のえるに穴だらけにされて、燃えるごみの日に出されましたとさ。