袋のうさぎになったうさぎ


袋のネズミならぬ袋のうさぎ
袋のうさぎは、追いつめられて逃げることができない状態に陥ったことではございません。
先日届いた8kgのチモシーですが、この様に口を開けて仕掛けておいたところ、腹減りうさぎがかかりました。

スポンサーリンク

袋のうさぎ

一番最初は、ぷーすけが始めたのですが、我が家の儀式として開封したら入って食べてもらうことになったのです。

この様に、袋に入り牧草を心行くまで食べてもらうこと
大人食いとも言いますね(多分)。

これを許されるのは、格付け一番のうさぎのみ!!
と言うのは冗談で、たまたまたるちが出ている時間に開封しただけなんだけどね。
29年度産のチモシーは、香りも味も良いらしく、みんないっぱい食べます。

大人食いのメリット・デメリット

袋のうさぎになり大人食いするメリットは…
これだけの牧草を独り占め・好きな部分を好きなだけ・牧草にまみれられる等

デメリットは、粗相をしたら大変・牧草まみれになられて部屋中走り回ったら大変・牧草を掻き出したら大変等
これって、人間にとって圧倒的に不利ってことね。
まぁ、うさ飼いさんは、皆様そうだと思いますが、うさぎが全てですので…
うさぎが良ければ全て良し(笑)
ご機嫌なたるちの後ろ姿を見たら、「飽きるまでやってて(食べてて)良いよ~!!」となりますね。

でもね、本当言うと、粗相をしたら強制退去なんですけどね(;^_^A