ベッドの正しい使い方(うさぎ編)


ペット用のベッドをうさぎのまったり場所に設置すると、こんな風になります。
うさぎそれぞれ使い方がありますから、間違いだとは言い切れませんが…。
これは、夏用のベッドです。先客(ボールちゃん)があったせいで入れなかったからでしょうか。
いやいや、邪魔なら咥えてぶん投げますから、たるち流の使い方なのでしょう。

スポンサーリンク

正しい使用方法

先にも書いたように、うさぎそれぞれの使用方法が違ってるとは否定が出来ないので、『正しい使用方法』も何もあったもんじゃないですね。
ここで言う『正しい使用方法』は人間目線です。

先ずは、お座りから

い草ラグからカーペットに変え、ベッドも冬用のものを設置しました。
去年は通り道にはするけど、中でじっとしていることはありませんでした。

今年は、最初は横で寝ていましたが、やっと入るようになりました。
ボールちゃん(彼女)を従え(プーさんは、置物らしい)お座りたるちです。
カメラを向けても、じっとしていました。

身体全体が入り、まずまずの使い方じゃないでしょうか。
上半身のみよりは、進歩しました。

寝てみよう!

続いて、これはベッドですから『寝る』ことです。
見ていてもじっとお座りしたままなので、反則技ですが、ナデコをしてみました。

なんてことでしょう!
いとも簡単に頭が下がり、縁に顎が乗りました。
ナデコを止めてもこの体勢をキープです。

はいはい、良いですよ。そのまま寝てしまいましょう。
そうすれば、第二目標クリアです。

第一目標=全身が入ること
第二目標=寝ること

そして、第三目標は…
『バタン寝(ドタっと寝)で、横になって寝ること』
一気に難易度が増したような気がします。
普段から、どこでも横になって寝るとふぃなら簡単に出来そうですがね。
(実際、とふぃには窮屈過ぎるかも知れません。)

アニキはこうだったのに…

この冬用のベッドは、ぷーすけのものでした。
しかし、彼は一回も入って寝たことはありません。

この様に顎を乗せたり、寄り掛かったり、身体を預けるのに使用していました。
その方が、身体が楽だったんだと思います。

病気があったにせよアニキがこんな使用方法では、弟分たちも仕方が無いかと…。
人間がそんなに真剣にならなくても良いかな。
ま、相手はうさぎですから(笑)

(うさぎ編)とありますが、我が家にはうさぎしかいませんので、続きはありません。

コメント

  1. たるちちゃん、ベッド上手に使ってますね(*^。^*)
    寒くなるこれからは、すっぽり収まってプーさんと一緒におネンネしてくれると安心ですね♪

    垂れ耳さんはベッドからお耳がハミ出してしまうのね( *´艸`)
    そこがまたリラックスしてる感じがしていいね(^_-)

  2. りおん より:

    え~いいなあ~・・・
    ベッドにちゃんと乗ってくれるだけでも、うらやましいですよ~!
    うちのうさぎーずでは、ちょこちゃんだけかな~。
    わずかなお時間、乗ってくれるだけですけどね。
    それどころか、うちのわんこも正しい使い方できませんからね・・・TT

    とふぃちゃん、お耳が広がって
    かわいいですよ~❤

    ぷーさま、お久しぶり~!!
    やっぱりイケメンさんね~❤