うさぎの旅立ちから1ヵ月

2


たるちが月へと旅立ってから1ヵ月が経ちました。
今年のお盆は、3うさ仲良く戻って来たと思います。
家に向かい急ぐにいちゃんうさぎ“おっさんず”を追い掛け、「待ってよぉ」と、ちょっと遅れ気味のたるちかな^^

スポンサーリンク

月組うさぎ

我が家に来たのは2番目だったけど、一番先に月へと旅立ったちょこっぺ(ちょこ)です。

病気持ちで、ショップの方から「貰ってくれない?」と言われ、急遽お迎えしたうさぎです。
長生きできないかも…と言われましたが、6歳10ヵ月も生きました。
晩年は、不自由になった足も動かなくなり、下半身麻痺状態に。
それでも、「手があれば動けるんだよ!」と、手を使って摺り這い。小さい身体から、力強さを教えられました。

うさぎバカの切欠を作ったのが、長男ぷーすけ(ぷりん)。
子育てブログがうさぎブログになり、多くのうさぎブロガーさんとと出会えました。
9歳2ヵ月での旅立ち、大往生、立派な兎生だったと思います。

ぷーすけは、絶対自分のことを人間だと思っていたはず(笑)
就寝時間以外は放牧状態で、いつも人と触れ合っていましたから。
ぷーすけのごろんちょする場所は、人の足の間だったりします。

早すぎたよ、たるち

まだやっと4歳になったばかりだったのに…

大きな病気を何度か繰り返し、身体にも相当な負担があったのでしょう。
その度、生きようと頑張って乗り越えてきたけど、頑張り過ぎちゃったかな。
突然の別れに、1ヵ月経った今でも不意にキミを探す自分がいます。

今は何処にいるかな?
そばにいるかな?
でも、明日には帰っちゃうんだね。
帰り道、一人だけ遅れないように、手を繋いで帰るんだよ。

コメント

  1. ちょこちゃん、ぷりんちゃん、そしてたるちちゃん。
    みんなお盆で揃って帰って来てくれたのかな?

    みんな、それぞれの兎生を精一杯生きたんだなぁって改めて感じました。
    病気と闘ったり、頭上がり隊の隊長として多くの隊員の先頭に立ったり、突然の麻痺とかにも負けず、自分でなんとかしようと頑張ったりと、それぞれの生きざまを再びありありと思い出しました。

    今は、新人の弟くんたちがまたそれぞれの兎生を楽しく過ごしているから、きっと安心してお月様へ帰ったかな?
    でも、居心地が良くてしばらくはそのままお家にいるかもね(^_-)
    みんな、ゆっくりしていってね~

    • やんママ より:

      3人で揃って帰って来てくれていたら、嬉しいですね。
      姿も個性も個性的な、みんな違ったうさぎたちでした。
      もふもふさんには、いっぱい励ましてもらったり、褒めてもらったりした子たち。
      本当に可愛がってもらいました。嬉しい限りです^^

      迷わずにお月様へ帰れたかな?
      特に、ボーっとしたたるちが心配だわ(;^_^A