回復したけど走れないうさぎ


眼振も治まり、部屋んぽも出来るようになったうさぎ。
左足先がちょっと床に擦れる感じでピョンピョンするから、多少後遺症があるのでしょう。

スポンサーリンク

回復したうさぎ

前庭障害の後遺症なのか、ローリングを発症した時にケージ内で足を引っ掛け、左足の甲辺りを骨折していた(治ってます)ので、それのせいなのか…。
どっちにしろ、痛みは無く楽しそうに遊んでいるから大丈夫かな。

たるち
たるち

ストーブに「ご苦労さま!」と別れを告げ、冷風扇に「よろしく!」とご挨拶(笑)

部屋の隅から隅まで、抜かりなく探索は続きます。

歩けても走れない

うさぎですから、ピョンピョンと跳ねて移動します。
(たまに、左右交互に1歩2歩…と歩くこともありますが。)
しかし、先にも書いたように、移動時に左足先が床を擦る音がします。
以前の様にダッシュは出来なくなり、ピョンピョンも軽快さを欠きました。
ここは家の中ですから、敵がいるわけでもなく、安心していられます。
走れないくらい、どうってことないって。

部屋の扉を開けておくと、入ったり出たり、その繰り返し。
ゆっくりゆっくりたるちのペースで移動して、時々ちょっとだけスピードアップ。
でも、とふぃやふーすけのダッシュには到底敵いません。

首は真っすぐになったけど…

眼振の他に斜頸もあったのですが…
時期はズレれていましたが、左右とも斜頸になったのです。

右へ傾き、治ったかと思えば、次は左へ傾き…
そして治ってみたら、あら不思議!!
首が真っすぐに戻ってるじゃん!!
左右の均衡が取れたのでしょうかね。

顔が上がらない

正面から見ても、左右どちらにも傾きはありません。
しかし、顔が上がらないのです。
立ち耳くんに比べると、前傾姿勢で下向き加減な垂れ耳くんですが、それでも低い…。
おやつ等で気を引くと、上を向きますし、そのまま立ち上がりもします。
全く上がらないのではなく、普通のお座り時や移動時、顔は下を向いたままが多いのです。
顔がでかいから、重いですか、たるちくん?

あれだけの大病ですから、首も凝るよね?(分かりませんが。)
なので、首の後ろマッサージと、大きなお顔を持ち上げて、顎下ナデコとお顔ムニムニ。
たるちは、ムニムニされるのが好きなのです。

あと1週間だけお薬です

先週は薬を貰いに、私だけが病院へ行って来ましたが、今日は経過を見せにたるちも一緒に。
眼振も治まっていますが、念の為、もう1週間薬を続けることになりました。
たるち、良かったね。もう少しリンゴジュースが飲めるよ(笑)
苦い薬を、小さじ1の果汁100%リンゴジュースで溶いて飲ませています。
同量の水で薄めてはありますが。

ジュースを使用して良いかは、先生に相談してみてくださいね。
それと、苦い薬はオレンジジュースだと余計に苦さが増しますから、お気を付け下さいませ。

コメント