うさぎにご褒美からの…

0


部屋んぽ中は、必ず嗅ぎまくるうさぎたち。
遊ぶより、嗅いで匂い付けをする方が忙しく…
多頭飼いならではの『うさぎあるある』ではないでしょうか。
えっ?1うさでもやりますか?

スポンサーリンク

うさぎへのご褒美

匂い付けをしにやって来たふーすけを捕まえ、“爪チェック”です。
(予測行動した母は、爪切りの用意はしてあります。)
爪切り決定となり、そのまま仰向けにして、パッチンパッチン!

うさぎの爪切り ふらっぷ頑張りました
うさぎの爪切りうさぎの爪切りは、家で行います。ぷーすけをお迎えしたばかりの頃は、病院で切ってもらっていましたが、病院へ行くこと(車移動)がとてもストレスになるという理由から、家で切るようになりました。なので、ちょこっぺ・たるち・とふぃ・ふら

ちょこっぺの様に膝上に座らせて切っていたのですが、嫌がり逃げようとして危ないので、お迎え当初の様に、仰向けにして切るスタイルに戻しました。
この方が、短時間でパパっと済ませられるのです。
爪切り終了後、嫌われる飼い主様もいらっしゃるかと思います。
うさぎの性格によるものなので、こればかりは仕方がないですね。
我が家も、ぷーすけがそうでした。1時間程、ケージから出て来なくなりましたから。
ブラザーズは、抱っこから解放されると部屋んぽの続きを始めます。
後に引かないタイプなので、楽ですね。

爪切りを終えると、乾燥パインのご褒美です。
もう爪切りのことなんて忘れていますから(笑)

そのまま訓練突入!

嗅がせると、食べたくて食べたくて、追って来ます。
おっさんずもいつも釣られてましたが、釣られついでに特訓に突入です。
その名も、『膝上うさぎ化計画』。

膝乗りうさぎ化計画 始めました
うさぎと一緒の生活を始めたら警戒心を解き、信頼関係を築いていかなければなりません。マニュアル通りに行けばいいのですがね。(そんなマニュアルあるのかよ?)相手は生き物です。しかも、うさぎです。個体差もありますから、一概には言えませんが。

抱っこは嫌いでも、好きなものためなら自ら乗ります。
人間が乗せてはダメです。逃げますから。自然と乗ってくれるまで待ちます。
直ぐ乗る子と、物凄く時間が掛かる子と、性格の差がここでも出ますね。

ふーすけは、とても簡単にピョンと。
というか、おやつを持ってなくても乗る子なので、訓練自体とふぃ同様必要なかったかも…。

膝上で、もぐもぐごっくんまでして完了となるのです。
ふーすけはあっさりと成し遂げ、下りて部屋を一周して戻り…
盗兎(ぬすっと)くん、登場です。
この袋じゃ顔もが入るわけもなく、母に奪われて終わったのでありました。

こんなことをしながら、コミュニケーションを取り、うさぎとの距離を縮めていくのです。
ふーすけ、どのくらい縮まったかな^^