うさぎとストーブ まだ出てたんかい!


大雨が去ったと思ったら、蒸し暑さだけが残りました。
まだ本格的な夏前ですが、いかがお過ごしでしょうか?
我が家ですか?我が家はですね…

スポンサーリンク

そろそろ夏でしゅが…

うさぎたちも、涼を求めて移動してます。
そんな中、とふぃがストーブの前で停止しました。
じっと見つめ、「暑いがなっ!!」とでも言ってるんでしょうかね。
点いてはいませんが、見た目で暑いですねぇ。

その後、ストーブに掴まり立ちをしました。
実は、上に置いていあった“たるちの香り付きU字クッション”を狙っていたのでした。
クンクンと嗅いで、取れないと分かると直ぐに諦めました。

思いがけない事件が…

そして、お座りに戻ろうとした時事件は起きたのです!!

「何でもないよっ!!」と平静を装っていますが、心臓がバクバク・ドキドキしているのです。
起こった事件とは…
お座りに戻ろうとした時に、ストーブの前カバーに手が当たり、上から弦を弾くように『ビロロ~ン♪♪♪』と(笑)
この音に驚き、慌ててこちらを向いた写真がコレ↑なのです。
『ストーブビロロ~ン事件』が発生したのでした。

とふぃがこれに味を占めて鳴らし放題だと困るので、ストーブはやっとこさ片付けました。
ついでに、ホットカーペットも。

気を取り直して部屋んぽ再開

ドキドキも収まり、改めて部屋んぽの開始です。

あらら、そこもちょっかい出さなくて良いからね!!
ふーとは相性が悪いらしく、お互いに攻撃モードに突入してしまうのです。
顔を合わせない為の布切れなんだから、放っておいてね。

とふぃの気を引くには

言っても聞く訳が無いので、抱っこで移動させてます。
移動させれば暫くは忘れているので(さすが、うさぎ!)、違うことで気を引いたりします。

とふぃは、自分から乗ることもあるし、乗せても嫌がらないので、このまま遊ぼうかと思ったけど…
お腹ホリホリに飽きると、ただ乗っているだけ(;^_^A

そのまま後ろへ倒れ、お腹に乗せてみました。
ちょっと揺らしてみたりして。
重さと安定感のあるとふぃは、どっしりと構え、少しの揺れでは怖がることもふらつくこともありません。
さすが、とふぃです。

こうして、ストーブビロロ~ンもすっかり忘れ、ふーとのご対面も回避でき、楽しい部屋んぽ時間を過ごせました。
えっ?楽しんでいるのは人間の方だって???
そりゃそうよ。うさぎと暮らすという事は、そういう事だもん(笑)

人間が悲しくしていたり、怒っていたり…
うさぎも人間の感情を感じ取りますからね。
笑っているのが一番!!

コメント

  1. トフィーちゃん、さぞびっくりしたことでしょうね^m^
    でも、それが癖になって、その内音楽を奏でるようになるかもしれませんよ♪

    あっ、でももう、仕舞ってしまったのね^^;
    次の冬に期待しましょう♪

    お腹に乗ってくれるなんて、羨ましいよ~
    ウチは表(お腹)も裏(背中)も全く乗ってくれません。
    ホントは腰の辺りでピョンピョンやってくれると、腰痛に効きそうだから、やって欲しいんだけどね。